スポンサーリンク
「みんなが思う、世間のあれこれ」
このサイトでは、私が世の中で話題になったあれこれを発信していきます。
お笑い芸人あれこれ

松原タニシが事故物件に住み続ける理由は?キッカケは先輩の番組だった!

出典元:https://live.nicovideo.jp/watch/lv314751366

皆さん、「松原タニシ」という芸人はご存じでしょうか。

「心理的瑕疵のある物件=事故物件」に住んでいるお笑い芸人で、現在までに住んでいた事故物件は10件にもなります。

事故物件での体験談をまとめた書籍「恐い間取り」は10万部の大ヒット!
2020年8月28日にKAT-TUNの亀梨和也主演で映画化もされます。

また、その体験談からこの季節は心霊番組に引っ張りだこの人気芸人です。漫才やコントで成り上がる「王道」のお笑い芸人とは違う生き方を歩んでおります。

そんな松原タニシさんはそもそも何故、「事故物件住みます芸人」になったのでしょうか?
その理由を今回はご紹介いたします。

matsu

読了時間は約5分。短い間ですが、お付き合い頂けると幸いです。
松原タニシさんは松竹芸能に所属している、現在38歳のピン芸人になります。

スポンサーリンク

元々はバラエティ番組の企画だった

出典元:https://news.mixi.jp/view_news.pl?id=6047421&media_id=169&from=category_news
松原タニシさんは2003年からお笑い芸人として活動。
前述した通り松竹芸能所属のピン芸人で、フジテレビの「爆笑レッドカーペット」や「R-1グランプリ」に出場した過去があります。

ですが中々売れず、仕事が無い時は劇場の雑用をしたり、大阪のラーメン屋や漫画喫茶、コンビニでアルバイトをしていたみたいです。

そんな生活を続けていた松原タニシさんの転機は、2012年に事務所の先輩である北野誠さんの番組『北野誠のおまえら行くな。』という番組でした。

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=-mKSRRqO8wM

「事故物件に住んで幽霊が撮影できたらギャラがもらえる」というかなり攻めた企画で、仕事の無かった松原タニシさんは藁をつかむ思いでその仕事を受けたのだそうです

因みにその事故物件の部屋の詳細がコチラ

タイプ:マンション
間取り:1R10帖
場所:大阪難波駅から徒歩5分

家賃:45000円(一般的な相場は70000円)
瑕疵:殺人

名前は伏せますが、とある凶悪殺人犯がこのマンションに住んでいたという超ド級のヤバい物件でした。

現在、松原タニシさんが今まで住んでいた10件の事故物件の中でもダントツでヤバい物件だったそう…。

部屋にカメラを取り付けて毎晩撮影。するとその内に白い光やラップ音など不思議な現象が起こるようになったそうです。
勝手にふすまが開いたり、火の玉に遭遇したり、交通事故に巻き込まれたり…というそんな強烈な体験を経験したそうです。

matsu

因みに松原タニシさんに霊感は無いんだそうです。
ですがこんな体験したら、私ならこの時点で芸人辞めています…。

スポンサーリンク

どんな体験も「ネタ」に出来る

出典元:https://kansomagai.com/kaikikorekutamatsubaratanishi-2020-0209/

結局、事故物件に住むという企画は1度きりで終わってしまったのですが、その経験から松原タニシさんの感覚に変化が表れたそうです。

「嫌なことが起きると『ラッキー』って思ってしまうようになりました。どんなに不幸なことでも、何も起きないよりはいいって思ってしまうんですね(笑)」

「『事故物件に住む』だけでは、起きることは限られている。ならば、自ら何か起きそうな場所に出かけようと考えた」
出典元:https://toyokeizai.net/articles/-/297268?page=9

…凄いメンタルですよね(^^;
でも確かにそんな所に住んでいたら芸人としてネタには困らないですね。

番組終了後も松原タニシさんは自ら事故物件に住み続けました。

やがて事故物件に飽き足らず、「事故物件で寝られるなら、心霊スポットでも寝られるだろう」という考えで心霊スポットに出向いて動画配信を行うようになります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お地蔵さん消滅 #死国怪談巡礼

松原タニシ(@tanishi_m)がシェアした投稿 –

配信を重ねる毎に視聴者の数は増えていったみたいです。
その結果、今では心霊系のイベントに多い月で10回程度出演するようになり、収入は番組出演前の約20倍に。

ここから松原タニシさんは「一般的なお笑い芸人」のレールから外れた人生を送るようになります。

matsu

世の中、「誰もしていないこと」に注目は集まります。
これはYouTuberや新規ビジネスにも同じことが言えますね。

生きている実感を得られる

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=wU-rsTZoWLY

松原タニシさんが事故物件に住み続ける理由の1つとして「生きている実感が得られる」ということを挙げていました。

人の「死」があった事故物件に住んで「生」を実感するというのは変な話ですよね。

「『住む』というのはそこで生活する、生きていくということです。人間は環境に適応できる強い生き物で、オーブが飛んだり、ラップ音が鳴ろうが生きなければならない僕にとっては、それが日常になっていきました」
「”死”を身近に感じる事故物件に住むことで、奇しくも僕は”生きる”ことについてより考えさせられたのでした」

出典元:二見書房「事故物件怪談 恐い間取り」より
と、独自の死生観と事故物件に住むことは悪いことばかりではないということを語る松原タニシさん。

普段、私たちは誰にでも訪れる「死」を忘れて生活しています。
ですが、認知していないだけで人の「死」は毎日、案外近くで起きていたりします。

松原タニシさんにとって「事故物件に住む」ということはその事実と向き合い、今生きていることを大切にするキッカケだったのかもしれません。

matsu

事故物件の見分け方としましては、賃料が安いことに加えて「部屋の一部が不自然にリフォームされている」とのこと。
引っ越しを考えている方は、ご用心を。

松原タニシが普通の芸人を辞めた理由まとめ

出典元:https://radichubu.jp/topics_detail1/id=13976

松原タニシさんが「事故物件住みます芸人」になった理由をご紹介致しました。

松原タニシさんは自分のこれまでを振り返って、「多くのお笑い芸人と同じ方向の面白いことを目指さなかったのが結果的によかったのかもしれません」と仰っていました。

確かに松原タニシさんは、テレビによく出る売れっ子芸人のような、一般的なお笑いの道は歩めなかった芸人だといえます。

しかし、一般的な普通の成功ではなく、自分で考えて目標もゴールも手段も決定する「自分ルール」でやるべきだと、私は教えられた気がします。

あやふやな「普通」というものが蔓延している今の世の中。
保守的で、他人と同じことをしたがる日本人に松原タニシさんは警鐘を鳴らしているようにも感じられました…。

matsu

最後までお読み頂き、有難う御座いました!
「仕事になるなら究めるまで」と事故物件を笑いにしていく松原タニシさん。
これからも応援しております!

スポンサーリンク