スポンサーリンク
「みんなが思う、世間のあれこれ」
このサイトでは、私が世の中で話題になったあれこれを発信していきます。
俳優・女優あれこれ

【画像】古川琴音は立教大学を卒業!中国語が上手い理由も解説!

出典元:https://hustlepress.co.jp/furukawa_20200509_interview/

古川琴音さんは2018年、当時22歳でデビューした女優。

最近では連続テレビ小説「エール」やドラマ「この恋あたためますか」で注目を集めていますね。

他にも『JT 想うた』のCMで石井杏奈さんとの姉妹のやり取りが印象的ですよね…!

実は古川琴音さん、元々演技が好きで大学在学中に女優としてデビューされています。

今回は女優・古川琴音さんの大学についてご紹介致します。

matsu

読了時間は約5分。短い間ですが、お付き合い頂けると幸いです。

スポンサーリンク

古川琴音は立教大学を卒業!

出典元:http://cm-watch.net/daiei-furukawakotone/

冒頭でもお話している通り、古川琴音さんは「立教大学」の現代心理学部映像身体学科に通っていたと言われています。

出典元:ウィキペディア

こちらの偏差値は「57.5」、大学全体だと「55~65」とかなりレベルの高い大学になります!

1874年に宣教師であるウィリアムズ主教によって創立された「立教学校」を前身とし、1907年に「立教大学」と称しました。

『新しい何かを創造するべく、制限から開放された環境の中で本質に迫ることのできる「自由の学府」として、学生の視野を広げるカリキュラムが組まれています。 「知性」「感性」「身体」という3つのバランスがとれた人材を育てる、キリスト教の考え方を根幹にした理念のもと学ぶことができます。全学共通カリキュラムで、教養レベルのアップも可能です』
出典元:https://www.minkou.jp/university/school/20298/

東京都内、「池袋キャンパス」「新座キャンパス」の2つのキャンパスで10学部を設けているだけでなく、小中高等学校などの一貫校や系属校もある大学になります。

卒業した著名人も多く、これまで400人以上の方が卒業されています。

みのもんた(タレント、アナウンサー)
古舘伊知郎(アナウンサー)
黒沢清(映画監督)
佐野元春(ミュージシャン)
野際陽子(俳優・元アナウンサー)
有田哲平(お笑い芸人(くりぃむしちゅー))
出典元:https://www.minkou.jp/university/school/senior/20298/se=2/

出典元:https://tee1515.com/15472.html

古川琴音さん、2014年4月から2018年3月までこちら立教大学に通っていました。

就職を考えるタイミングで、将来何をしていきたいかを考えた時に「無理かもしれないけど、役者をやってみたいな」と芸能事務所「ユマニテ」のオーディションを受け、見事合格。

大学在学中の2018年2月に女優としてデビューをしました!

出典元:https://wwws.warnerbros.co.jp/shinitai12/chara.html

その後は映画「春」にて初出演・初主演を飾り、「十二人の死にたい子どもたち」や「凪のお暇」、「エール」といった人気作品に続々出演。

今後を期待されている若手女優の1人になります!

matsu

古川琴音さんは中学・高校では演劇部に通っていました。
女優は古川さんにとって天職だったのですね!

スポンサーリンク

古川琴音が中国語が上手い理由は?

出典元:https://mantan-web.jp/article/20201020dog00m200070000c.html

古川琴音さんは2020年11月現在放送されているドラマ「この恋あたためますか」での流ちょうな中国語にも注目が集まっています!

作中ではマンガ家になる夢を追いかけ、日本にやってきた中国北京出身の女の子「スーちゃん」を演じている古川琴音さん。

そんなスーちゃんのカタコトの日本語と、流ちょうな中国語を起用に使い分ける古川さんの演技に大きな反響がありました!

その人気からスピンオフドラマ「その恋もう少しあたためますか」では主演を務めるほどなのです…!

一体何故そんなにも中国語が得意なのでしょうか?

それは大学時代に「立教大学ESSドラマセミナー」に所属していた経験があるからと言われています。

ちなみに「ESS」とは『学校のサークル・部活動の英会話部、英語研究会など(English Study Society, English Speaking Society)の略称(出典元:ウィキペディア)』であり、古川さんはそのサークルに所属していました。

英語を話しながらの劇をしていたのだとか…英会話が得意だったのですね!

英語に限らず、外国語を1つでも習得した経験のある方は「聞く」能力を高めることができ、他の外国語も習得しやすいと言われています。

ESSセミナーの経験を活かして、ドラマの役作りの為に短期間で徹底的に中国語を学んだのだと推測されます。

ちなみに「立教大学ESSドラマセミナー」は歴史が古いだけでなく、「早稲田」、「慶応」、「一ツ橋」と『四大学英語劇大会』という大会に何度も受賞をしているというハイレベルな大会でもあります!

大学時代の経験が女優としての活動にもキッチリと活かされているのですね!

matsu

もちろん、常人以上の努力・情熱を持って役作りに取り組んだと思われます。
古川さん、努力家な一面も持っているのですね!

古川琴音は立教大学を卒業! まとめ

出典元:https://hustlepress.co.jp/furukawa_20200509_interview/

古川琴音さんの大学についてご紹介致しました。

2020年9月にインスタグラムを開設した古川さん、これから多くのドラマ作品に出演されることが予想されます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

👋 はじめまして、琴音です。 インスタはじめました。よろしくお願いします。 by.@ittetsumatsuoka #ittetsumatsuoka

古川琴音/Kotone Furukawa(@harp_tone)がシェアした投稿 –

前述した通り、「この恋あたためますか」の演技でも話題となっている古川琴音さん。

これからもっと伸びていきそうですね!

matsu

最後までお読み頂き、有難う御座いました!

スポンサーリンク